ハイヤーを利用するメリット

ハイヤーを利用するメリット

ハイヤーを利用するメリット ある場所から目的地まで移動するための旅客自動車のことをタクシーというのに対し、完全予約制で決まった時間を貸し切りにして利用する旅客自動車をハイヤーと呼びます。英語表記でhigher、つまりより高いという意味であると思い、高級車を使用した旅客自動車のことをハイヤーだと勘違いしている人が多いですが、本来はhireであり、貸し切りという意味になります。貸し切りで自動車を利用する目的の一つに、観光があります。

電車を使うよりも、観光ハイヤーを利用するメリットには何があるのでしょうか。新幹線や特急を含む電車であれば都市間の移動はたしかに早いですし、日本の鉄道は事故などを除いて遅れる心配が少ないので予定を変更することはないでしょう。しかし、観光地は鉄道の駅周辺だけでなく点在していることがあり、駅からは数十キロも離れていることもありえます。駅からバスやタクシーを使うことになりますが、重い荷物を持って乗り換えするのには手間がかかります。バスの本数が少なければ、そのバスの出発時間に合わせて観光を切り上げることもあります。タクシーを使おうと思っても空車のタクシーがなく待機時間が長くなってしまうこともあります。その点ハイヤーなら一度乗車してトランクに荷物を載せてしまえば、あとは手ぶらで好きに観光することができます。観光している間はドライバーが待機していてくれるので、観光が終わり次第ドライバーに連絡して合流、次の目的地へとすんなりと移動ができます。移動に関する無駄な労力と時間が減らせることが大きなメリットでしょう。

ハイヤーのドライバーが、事前に観光プランを練って同行してくれるところもメリットであると言えます。自動車の移動では、高速道路や観光地周辺の道路の渋滞は避けて通れない問題です。そのためにどの場所に行くか、どのくらいの時間滞在できるかを、その時の状況に応じて判断する必要があります。運行のプロであるハイヤードライバーが観光プランを練ってくれるので、日にちや曜日により混雑しやすい場所や時間がわかっているため、お客さんの要望も聞きながら無理のない行程を提案してくれます。当日の事故渋滞や突発的な混雑など想定外のことが起きたとしても、観光プランを練った当人がドライバーとして同行してくれていれば、行き先や滞在時間の変更を伝えてくれます。余計な心配や不安がなく楽しむことに集中することができるでしょう。

ハイヤーの良さには高い運転技術と余裕があります。タクシーは乗客を乗せたら目的地へ送って、すぐ次の乗客を乗せなければと考えます。それはタクシーの運転手が歩合給であり、数多くの乗客を乗せることで給料が上がっていくためです。ハイヤーは完全予約制なので街で乗客を探すことはなく、今乗せているお客さんのために運行するという意識が強くなります。移動中、安全で安心して運行してくれることと、お客さんが満足できるようにすることが何よりのサービスですので、ここが一番の肝になります。また、タクシーに比べて車両のグレードが高いこともあげられます。国内の代表的な高級車から海外メーカーの高級車まで乗車できるのはタクシーでは味わえない豪華さです。

ここ数年は外国からの観光客が非常に増えており、日本の観光地に多くの外国人客が訪れるようになりました。外国の人からすると、日本の鉄道網やバス路線、タクシーの乗り方などわからないことが多いはずです。このような外国の方の移動にもハイヤーは非常に適しています。空港のお迎えからスタートし、宿泊するホテル、都内の移動から一日観光まで同じ車両・ドライバーがお供しますし、そのドライバーが英語堪能であればなお安心するでしょう。

最新のお知らせ

  • [2019年06月05日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年06月05日]
    運営者情報を追加しました。